英語勉強法の本を読みまくった感想と見解

英語勉強法の本を読みまくった感想と見解

私は英語講師をしている今も、英語講師になるまでも、英語の勉強法について書かれた書籍というものを何冊も読んできました。

 

その中で私が気がついたことがあります。

 

それは、すべての人に100%効果がある方法はないということです。

 

英語の勉強法についての本を書かれる方の共通点は英語のプロということで間違いありません。

 

しかし、そこにはいろいろなプロがいます。

 

高校から進学校に進み、誰もが知るような有名大学を出て、その後は大学教授として英語を指導する人。

 

外国語大学に進学をし、卒業後は予備校のカリスマ講師となった人。

 

生まれも育ちも英語圏の海外、そのためネイティブレベルで英語をあやつれる人。

 

高校も大学も日本でトップレベルの学校、社会人になってからもエリート、出世をしたことで海外関係の業務を担当するようになってから英語のプロとなった人。

 

30歳までは英語とは無縁、しかし30過ぎてから必死に努力をして英語を極めた人。

 

挙げればきりがないほど私はいろいろな英語のプロが書いた本を読み学んできました。

 

そして、全員がこの方法がいい、効果があると主張する方法が違います。

 

それは単純にその人の育ってきた経歴や今置かれている生活環境、得意不得意の能力、性格などの全てが違うから方法も違うのだと感じます。

 

私は、数々の英語勉強法に書かれている本を読んで、それを鵜呑みにすることはありません。

 

実際に自分でやってみるまでそれが自分に合うのか、そして本当に効果があるのかは分からないからです。

 

世間では有名な英会話教材があり、あたかもそれがいいかのような感じになっていますが、それが万人に受けるわけではないんです。

 

合う人もいれば合わない人もいる、こんなものなんです。

 

スピードラーニングの方がいいと聞いていて使ってみたらエブリデイイングリッシュフレージーズの方が良かったという経験を私もしています。

 

別にエブリデイイングリッシュフレージーズがいいと言っているわけではないんです。

 

それは私にとっていいだけであって、他の人にとってはそうではない場合の方が多かったりするものです。

 

ですので、たくさんの方法を知り、そこから自分に合いそうなものを選ぶのが良いわけです。

 

このサイトでは多くの英語勉強法や英語を勉強する上でのアドバイスを記載しましたが、その中でこれは面白そうだな、自分に合いそうだなと感じるものがあったらどんどん挑戦していただきたいです。

 

いつも同じ方法での勉強を繰り返していると、勉強の中での気づきと刺激が少なくなります。

 

ですので、これを機に新しい方法として取りいただいていただければ幸いです。

 

これまで私が読まさせていただいた本の著者に感謝の気持ちを表すとともに、私なりの見解を加えてまとめさせていただきましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

なお当サイトへ部分的に書籍の引用をしておりますが、一定の割合で自己の見解が含まれているため著作権の侵害には当たらないと弊社担当の弁護士から判定を受けております。