できる人の英語勉強法はこれです

できる人の英語勉強法

「できる人の英語勉強法」 安河内哲也氏

 

英語の練習とは、ズバリ「音読」です。正しい英文を声に出して何百回も読み、さらには繰り返し暗記して、読むスピードを上げていくのです。声をだすために、舌や口を動かします。自分の声を聞くので耳を刺激します。文字を読むので目もしっかり働かすことになります。

 

私自身も音読の効果はかなり高いと感じています。音読は英語に必要なすべての技能をバランス良く鍛えることができるからです。文章を目で見て読むのでリーディングが鍛えられます。そして、それを声に出して読むのでスピーキングの基礎となります。自分が読み上げた声を自分の耳が聞いているのでリスニングも鍛えられます。このように体のたくさんの部分を使うことで英語というものの構造が脳に定着され、その結果、ライティングのスキルにもつながっていきます。しかし、大切なのは正しい発音で読み上げることです。そうでないと、リスニングが鍛えられることはありません。間違った発音であれば逆効果とも言えます。

 

トップページへ

発音ができないことの弊害

日本に住んでいる限り英語の発音ができないことの弊害には気が付かないものです。しかし、一度海外に行き、1日という時間を英語のみの環境で過ごしてみる発音ができないことの問題点に気がつくものです。発音ができないとどれだけ一生懸命意思を伝えようと英語を話しても残念ですが、相手に通じることはないです。英語と日...

≫続きを読む