発音ができないことの弊害

発音ができないことの弊害

日本に住んでいる限り英語の発音ができないことの弊害には気が付かないものです。しかし、一度海外に行き、1日という時間を英語のみの環境で過ごしてみる発音ができないことの問題点に気がつくものです。

 

発音ができないとどれだけ一生懸命意思を伝えようと英語を話しても残念ですが、相手に通じることはないです。英語と日本語では音というものがまったくと言っていいほど違うと私は感じており、英語の似た音を無理矢理にカタカナに置き換えたインスタントな英語ではネイティブスピーカーに通じるわけはないです。

 

しかし、日本にいるだけではこの事実に気がつく機会がないため、自分の発音で大丈夫だと勝手に思い込んでしまってそれを修正する機会を作ることはありません。これが最大の問題であり、長期間に渡って間違った発音を覚えてしまうことになります。

 

海外旅行や海外へ行くことは娯楽や仕事として考えられがちですが、自分の間違った発音に気がつく場であると私は定義しています。本場の英語の環境でどれだけ自分の発音と本物の発音とで差異があるか確認をしてみてはいかがでしょうか。この気付きが海外旅行における一番の収穫となるかもしれません。間違った発音は百害あって一利なしとでも表現するのが正しいのかもしれません。